代表プロフィール

稲本麻里 Mari Inamoto 

幾何学模様で描くつまみ細工絵画の第一人者。独学で日本伝統工芸つまみ細工のでんぷん糊技法を研究し、独自のつまみ方でつまみ細工を制作する。作品はテーマを決め、オリジナルで考案した幾何学模様と四季折々のつまみ細工絵画で構成し新しいつまみ細工の分野を発表し続けている。

幼少期から手芸・絵画・アートを学び、 2018年独学で日本伝統工芸つまみ細工のでんぷん糊技法と独自の摘まみ方の研究を始める。子供の頃に受賞した油絵を、つまみ細工で表現することを決め、世界で初めての幾何学模描く描くつまみ細工絵画を発表する。「日本の四季」や「日本の和の心」を描いた独創性溢れる作品作りが得意。2019年美術展の推挙頂き、2021年国内・海外の美術展(アメリカ・イギリス)に多数出展。日本文化の工芸を世界に広め、交流を深める活動をしている。

▼登録商標
つまみ細工アート幾何学®<登録第6355983号>

▼座右の銘
而今(にこん)

▼賞歴
[2021]
・令和日本藝術アカデミー大賞
・日本藝術平和貢献大賞

▼役職
・一般社団法人つまみ細工アート幾何学協会 代表理事
・英国王立美術家協会名誉会員2021

▼展覧会
[2021]
・第26回 日本の美術 全国選抜作家展 上野の森美術館(東京)
・MINERVA展  京都市美術館別館
・第29回 国際平和美術展 東京芸術劇場
・MINERVA展 マルギャラリーズ(イギリス)
・第29回 国際平和美術展 カーネギーホール(アメリカ・NY)
・第5回 美術評論とともに観る美術展~観る・読む・感じる~奈良市美術館
[2022]
・戦争と平和を考えるオリジナル切手展in沖縄
・徳川家康公御誕生四八〇年記念「日光東照宮美術展覧会 芸術の虎」

▼書籍&図録
[2021]
・<書籍>201.6 MINERVA2021
・<図録>美術評論とともに観る美術展「観る・読む・感じる」
・<図録>World Peace Art Exhibition 2021
[2022]
・<書籍>bun-ten79號

<公式>稲本麻里つまみ細工アート幾何学®HP

<公式>Instagramm

<公式>ブログ

講座スケジュール(←click)